5%の衝撃

どこかのブログで取り上げられていた以下のページ。

Gay Marriage Support High In Developed Nations, Poll Finds

16カ国で同性婚についての意識調査を行った結果が掲載されいてる。方向性としては、「多くの国で同性婚に賛成する人が多くなっているねー」という内容だ(ただし、反対が最も多い2カ国が、日本とハンガリー)。全編にわたって興味深い記事だが、今回は私が特に驚いた(というか改めて認識をした)箇所についてご紹介。

Nearly 46 percent of people said they know someone who is LGBT. In Spain and Norway the number rose to 65 percent. But in South Korea and Japan the number dropped to 3 percent and 5 percent respectively.

(調査したうち46パーセントほどの人が、「LGBTの知り合いがいる」と答えた。スペインとノルウェイでは65%にものぼった。しかし韓国、日本ではその数字はそれぞれ3%と5%にまで下がった。訳:kotaroen)


ご、5%?!
スペインとノルウェイは65%?!

日本ではLGBTの知り合いがいる人が少なく、それによって理解が~という話は聞くしそう認識していたけど、あらためて5%という数字を突きつけられると衝撃だなあ。韓国の3%もなかなか衝撃でしたけど・・・。

セクシュアル・マイノリティ/LGBT基礎知識編 | SYNODOS -シノドス-

↑でも紹介されているハニー&ハニー 女の子どうしのラブ・カップル: 1 (コミックエッセイ)はおもしろく、おすすめ。


ハニー&ハニー 女の子どうしのラブ・カップル: 1 (コミックエッセイ)

ハニー&ハニー 女の子どうしのラブ・カップル: 1 (コミックエッセイ)


ハニー&ハニー デラックス 女の子どうしのラブ・カップル: 1 (コミックエッセイ)

ハニー&ハニー デラックス 女の子どうしのラブ・カップル: 1 (コミックエッセイ)

広告を非表示にする